TEL:0120-123-336
お問い合わせ
遺品整理
遺品整理

遺品整理のプロにお任せください

遺品整理士

当社には、一般社団法人遺品整理士認定協会認定の遺品整理士が在籍しております。 プロの遺品整理士がお見積から作業まで責任を持ってご対応させて頂きます。 遺品整理でお困りな事などございましたら、是非お気軽にご相談ください。

遺品整理とは

遺品整理士

「遺品」とは残された品物ということですから、それは、故人が生前に愛用していたものや想い出の品を中心として故人が使っていた様々な品物を、大切な物とそうでないものとに分けてこれらを整理しなくてはなりません。また、小さな物ばかりであれば処分にも手間が掛からないのでしょうが、大きな家財道具などであればこれらを処分するにも大変です。
また、日本は急速に高齢化社会が進行しており、遺族がすでに高齢である場合や、独居老人の孤独死といったことも年々増加しています。
そのような状況のもと、遺品を適切に仕分けし、大切な物をきちんと整理するとともに、不要な物を処分したりする遺品整理のサービスに対する社会ニーズが高まって参りました。

このような皆様にご利用いただいております

遺品整理
  • 初めての事でどこから手をつけてよいか分からない。
  • 物が多くて家族だけでは片付けできない。
  • 男手が無く大きな荷物が運び出せない。
  • 故人が大切にしていた品物を手厚く供養してほしい。
  • 仕事があるので片付けの時間に余裕がない。
  • 片付ける家が遠方で、遺品整理に行けない。
  • 部屋の悪臭・異臭をどうにかしたい(消臭・脱臭)。
  • 生前に予約・生前に片付けをお願いしたい。

遺されるご家族の負担を考えて、生前整理も

遺品整理

生前整理とはご存命のうちに身の回りを整理しておくことを言います。
特に、施設に入る際に荷物を整理・処分して必要な物、家族に振り分ける仕分け作業をする方が増えています。
専門教育を受けたスタッフが丁寧なサービスをご提供いたします。

遺品整理の様子

2015年4月19日 石巻市渡波 A様宅
間取り:2K 作業員:2名
作業時間:約3時間で、遺品整理・搬出・簡易清掃完了

【整理前】

【整理後】

遺品整理の様子2

【整理前】

【整理後】

遺品整理の様子3

【整理前】

【整理後】

遺品整理と遺品供養

遺品整理の流れ

遺品整理の流れ

料金表

1K 1名 \40,000~
1DK 2名 \60,000~
1LDK 3名 \80,000~
2DK 3名 \120,000~
2LDK 4名 \150,000~
3DK 5名 \180,000~
3LDK 5名 \200,000~
4DK 6名 \230,000~
4LDK 6名 \260,000~
1K 1名 \40,000~
1DK 2名 \60,000~
1LDK 3名 \80,000~
2DK 3名 \120,000~
2LDK 4名 \150,000~
3DK 5名 \180,000~
3LDK 5名 \200,000~
4DK 6名 \230,000~
4LDK 6名 \260,000~

基本料金に含む内容

1.近隣挨拶(作業当日ご近所様へ粗品を持ってご挨拶いたします。)
2.養生作業(搬出の際傷防止。)
3.遺品整理(大切な遺品を仕分けいたします。)
4.不用品の搬出作業(まとめた不用品をトラックへ。)
5.簡易清掃作業(全て搬出終えたら簡易的なお掃除をいたします。)

基本別途料金

1.一般廃棄物処理費(廃棄物処理法により各地方自治体に認可された業者に依頼させていただきます。)
2.仏壇・神棚・位牌・仏具等の供養・処分料(大きさ、量により現地にてご相談させていただきます。)
3.体液・血液・悪臭の除去(提携業者 特種清掃業社に依頼いたします。45,000円~)
 (※不法投棄を行う悪徳業者も多く許可されてないトラックへの積み込みは違法です! )

形見分け・回収について

遺品整理士

個人様の残された物はすべて私たちにお任せください。
ご遺族様と相談の上、そしてご遺族様の立ち会いのもと形見分けとして残す品、ご親戚などに送られる品、処分する品に分類致します。

このような方もご相談ください

  • 故人様の遺品を整理したいが、時間がないので手伝って欲しい。
  • 離れた場所に住んでいて、何度も整理に行けないので一日で終わらせたいのですが・・・・
  • 遺品整理で供養もしてくれるの?
  • 1点だけだと頼みにくいのですが、依頼できるの?

貴重品など法的な手続きや期日が決まっているものがあります

遺品の中には、金品だけに限らず、故人に関する重要書類や所有していた不動産の権利・情報などの「貴重品」に相当するものがあります。これらの貴重品を整理するには、法的な手続きが必要で、期日が設けられているものもありますので、手続き方法等も、当社でサポートいたします。

貴重品に分類されるものの例

銀行の通帳・印鑑
クレジットカードやキャッシュカード
健康保険証
マイナンバーカード
免許証
パスポート
年金手帳
公共料金等の請求書や領収書
有価証券
契約書類
不動産などの権利関係書類
価値の高い物(貴金属や宝石、美術品など)
など

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

TEL:0120-123-336
メールでのお問い合わせ